〔食・農 応援プロジェクト〕エフエム山形 オリジナルコーナー番組

おしゃべりな畑

山形在来作物図鑑

民田なす

由来および特性

鶴岡市民田地区が特産地で、江戸時代初期から栽培されている。
京都から外内島・小真木を経由して19世紀に民田に導入された可能性がある。
早生系の丸なすで、葉は小ぶりで草丈がやや低い。皮は硬いが果肉にしまりがあるため歯ざわりが良く、漬物用として利用される。
松尾芭蕉が詠んだ『めずらしや 山を出羽の 初なすび』という俳句は、民田なすのことであると言われている。

栽培地区
鶴岡市民田とその周辺地区
は種
3月中旬〜下旬
収穫
6月下旬〜10月上旬
種子・種苗増殖法
庄内地域の種苗店で種子販売
種子・種苗の入手方法
市販されている
調理法
漬物

Contact

JA鶴岡 園芸特産課
Tel.0235-29-2828

山形在来作物一覧