〔食・農 応援プロジェクト〕エフエム山形 オリジナルコーナー番組

おしゃべりな畑

山形在来作物図鑑

蔵王かぼちゃ

由来および特性

山形市蔵王成沢の農家が昭和23年旧中川村中山地区(現上山市)の実家から種子を持ち込んだのが始まり。
果実の中身(心皮)が下に露出するターバンスカッシュタイプの西洋かぼちゃ。果皮は灰白青色で果肉はきわめて硬く、へその部分が約10cm程度で大きい。マサカリやナタを使わないと切れないほど硬いため、『マサカリかぼちゃ』とも呼ばれてきた。
食べるとホクホク感があり美味しい。貯蔵性がよく、室内なら3月まで保存可能。長期間保存しても風味が落ちないのが特徴。

栽培地区
山形市蔵王地区
は種
5月上旬
定植
6月上旬
収穫
9月中旬〜10月上旬
種子・種苗増殖法
生産者組織で採種
種子・種苗の入手方法
登録生産者にのみ種苗配布
調理法
煮物、揚げ物

Contact

JAやまがた西部営農センター
  Tel.023-647-3744

山形在来作物一覧